中学受験と市立の今後 | 時には身体をうごかしドーパミンを分泌させてやる気を出そう

中学受験と市立の今後

中学試験のこれまでの歴史

中学受験については、都市部特に東京周辺にそのような機会が数多くあったが、地方については、そのような学校が多くなく、あまり馴染みがない。 しかし、徐々にそのような中学受験を必要とする学校が地方にも立ち始め、徐々に受験をしようと考える保護者も多くなりつつある。 中学受験は、そのあと高等学校まで6カ年エスカレーター式で進学していくので、高校受験をするよりも中学受験を勧める場合も多い。 義務教育という側面から考えると、公立の学校に中学までは通わせたいという考える保護者よりも、中学受験を考える保護者も近年多い。けれどもやはり私立であるので、入学金や月謝のことを考えると、経済的に余裕がなくては難しいとも言えるのである。

私立中学校の今後の展開

私立中学は、少子化の現在では、生徒獲得に懸命である。やはり、有名私学大学の付属の学校はそう努力しなくても、有名大学までエスカレーターでの進学ができるので、多くの子どもたちが受験を行う。 しかし、そうではない学校は、大学進学がその学校の今後の成否を占ううえでもどうしても必要なことである。そうはいっても、思うようにはそうはいかない。特別入試枠を設けて、生徒を入学金免除や授業料免除で集めていく。 けれども先行投資したといってもその生徒が合格する保証はなく、非常に難しいものである。経営という側面から考えても、あまりよい経営的なものではない。また、学校の評判等も作りだすことは大変難しいし、さらに、維持するのはもっと難しい。