個性で変わる指導塾

選ぶにあったって注意すべきこと

子どもを個別指導塾で学ばせたいと思ったとき、注意すべき事が幾つかあります。まずは、個別指導塾そのものの個性です。どういう指導方針を持ち、計画をてていいるのか、費用はいくらかかるのか、といった点です。広告やパンフレットを取り寄せることはもちろんですが、受講案内の催しがあったときは直接出向くことが必要です。個別指導塾で働く先生や、職員の方の振舞いを肌身で感じ取ることができるからです。親御さんとお子さんとで、どの塾にするのかが決まったら、次はどの先生に付いてもらうか考える必要が出てきます。待機されている先生方はかなりの数になるので、自分に合った先生を塾で何人か選んでもらい、実際に教えてもらうことをお勧めします。先生とお子さんとの相性の問題が出てくるからです。

個別指導塾を十二分に活用する方法

個別指導塾を選び、どの先生にお願いするかが決まってくれば本格的な勉強が始まります。この時に、どうすれば高い費用を払ってまで利用できるのかを親御さん自身で見極める必要が出てきます。それは、お子さんの成績がどれだけ伸びて学習意欲が高まったかにかかっています。成績は点数になって表れてくるのですぐに分かります。学習意欲の方も、普段の勉強態度からおおよその見当はついてきます。ただ、そのようなことが見受けられなかったときは遠慮なく塾や先生と連絡を取り合うことが必要です。何とかなるだろうと見守っていることも必要ですが、あっという間に時間が経ってしまいます。やはり気づいたときに連絡を取り、これからどのように指導方法を変えていくのかと協議してみるべきです。相手は指導のプロなのです。利用しない手はないのです。