年々増える塾通い

これからの学習塾の考え方

最近の子どもたちは、習い事と同じ感覚で学習塾に通っています。 学習塾に通う目的のほとんどは、受験のためという子どもが大半を占めているのですが、人気のある学習塾の上位もやはり、志望校合格率が高いことや難関校への合格人数の多いところが選ばれています。 そこは指導力の高い講師が多く、学習する雰囲気や環境が整っていることも選らばれる大きな理由となっているのです。 子どもの少子化が進む時代、子どもに高い学力をつけさせたいと思う親が増える一方で、子どもの学力に関心のない親もいて、子どもの学力に対する関心の違いがはっきりしてくることは間違いありません。ですから学習塾にもその親の思いが大きく反映さえているところがあります。

自分にあった学習スタイルを

子どもたちの性格が一人一人違うように、学習塾もその子に応じたところを選ぶことが大切です。 例えば、学習塾には大きく二つのスタイルにわけることができます。一つ目は学校と同じく一斉に学習するスタイルです。大手の塾は学力のレベルに応じてクラス編成をしているところがほとんどで、子どもたちがお互いライバルとして競い合えるところに良さがあります。もう一つはマンツーマンで学習する個別の学習スタイルです。自分のペースで学習できるのでじっくり問題に取り組みたい子にはぴったりです。また、質問もしやすいところも良さの一つでしょう。 それぞれのスタイルにメリット、デメリットがあります。自分にあった学習塾を選ぶことで成績の伸びも違うでしょう。