やる気スイッチとは

やる気スイッチを聞いたことがある方もいるでしょう。CMで人気になり、広く知れわたっています。CM以外でも授業内容にも特徴があり苦手を克服しやすい環境が整っている特徴があります。

Read More

科目別の幼稚園教諭

幼稚園教諭は大学や短大で修得することが出来、教科に関する科目と教養に関する科目で2つのグループに分けることが出来ます。前者は知識や技術を学ぶのに対し後者は、教育の意義などを学びます。

Read More

個性で変わる指導塾

個別指導で学ばせたい時に注意するべき点として、指導塾の個性があります。様々な個性を打ち出している指導塾が存在するため、目的に合った指導塾を選ぶことが大切でしょう。また費用に関しても割高になりがちです。

Read More

ドーパミンとやる気

やる気スイッチを入れるには具体的にどうしたらいいか

科学的にはドーパミンの分泌と報酬系の刺激と言う事が可能な「やる気スイッチ」の入れ方なのですが、具体的にはどのようにしたら良いのか紹介いたします。 まずは歩くなど身体を動かすのが良いでしょう。これはストレス解消にもなりますし、一緒にドーパミンが分泌され頭も冴えわたります。 逆に動くこともなしに頭だけで考えたり、楽に流されたりすると、怠惰から抜け出せない状態が続きそれは悪循環を深める結果になります。 これは言い換えると、動きたくない時こそ積極的に身体を動かす、という言葉に言い換えることが出来ます。頭を使うのも同様にドーパミンを分泌しますが、最初に身体を動かして、次の頭を使うのが良いでしょう。 さらに頭を使ったら、今度は美味しいものを食べてみてください。ゆっくり噛んで味わい食べるのです。そのときになぜ美味しいのか、どのくらい美味しいのか、どういう味なのか、ということを意識して深く味わってください。そうすると今度は食事でもドーパミンが分泌するのです。こうして好循環の流れを自分の生活で積極的に生み出すことが大切です。

継続的にやる気を維持するためには、休息が大切

やる気スイッチをONにする具体的な方法について書きましたが、ここではその継続方法について紹介いたします。 やる気スイッチをONにすることは難しくありませんが、継続するのは誰しもが理解できるように難しいものですが、それもちょっとした工夫で乗り越えることが可能となります。 それはもう少しやりたいと思ったところで止めるのです。そうすれば次に始める際に最初からドーパミンを出すことが出来ます。 また日々少しずつ作業の効率や難易度を上げるなりして、報酬にも工夫することです。毎日同じ報酬では飽きてしまいますので、自分が前進できているということを実感できるように、自分の脳を騙して報酬を与えることが、やる気スイッチを継続的にONにするためには必要不可欠なのです。

年々増える塾通い

以前とは違い、最近では塾に通うことが当たり前になりつつあり、実際通っている子供が大半を占めています。基本的に親の意向によって塾へ通わせるかが変わるため、親の意向がはっきり現れてしまいます。

Read More